宮城県遊協が新春経営者研修会

宮城県遊協(竹田隆理事長)は1月31日、仙台市の「パレスへいあん」で新春経営者研修会と懇親会を開催。

宮城県遊協(竹田隆理事長)は1月31日、仙台市の「パレスへいあん」で新春経営者研修会と懇親会を開催。宮城県警暴力団対策課の後藤秀一課長補佐、同生活安全企画課の松川光太課長補佐が講話、ホールのコンサルティング事業を手掛けるグローバルアミューズメントの青山真将樹社長が講演した。竹田理事長はあいさつで、パチンコ・パチスロ産業依存対策有識者会議の発足など、依存対策の進捗を報告。その上で、「依存対策は最優先で取り組まざるを得ない状況にあり、消費税など、業界一丸となって考えなければならない問題は山積み。しかし、われわれは、次世代に託す業界のあるべき姿を模索していかなければならない」とし、組合員に協力を求めた。松川課長補佐は、ネットを利用した広告宣伝について「警察に知られなければいいと思っているのではと疑いたくなる現状」と苦言を呈し、「依存症対策の面からも、一般社会の理解が得られるのかという視点から、広告宣伝を考えることが必要」と注意を促した。懇親会では、社会貢献寄付金贈呈式が行われ、「日本盲導犬協会仙台訓練センター」など、県民生活の安全に貢献している4団体と社会福祉関係4団体に寄付金(総額340万円)を贈呈した。

20190205_miyagi.jpg

関連記事
パチンコ大手5社が依存症対策に重い腰を上げる「問題は避けて通れず」 – livedoor
パチンコ業界「ギャンブル依存症の原因は職場や家族などにあり、パチンコを取り除いても解決につながらない」
ディーステーション仙台コロナワールド店がグランドオープン予定/仙台市宮城野区
パチンコスーパーラッキー佐沼店(2019年1月25日リニューアル・宮城県) – パチンコオープン情報 | パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 – パチンコ・パチスロ情報島
パチンコ利権 (1/2) – BLOGOS
日遊協 業界の新たな変革への足がかりの年
政府がギャンブル依存症対策推進基本計画を閣議決定、パチ屋等のATM撤去や本人の同意が無くても家族からの申請があれば入場制限ができるように
ギャンブル依存症云々なら、どうしてパチンコをもっと規制できないの? とっても簡単な理由でした。 (1/2) – BLOGOS
【画像】依存症対策や射幸心抑制努力を辞めると言わんばかりのホール内掲示物
2019年2月号
マンチェスター(2019年1月9日リニューアル・宮城県)
ジャンプししおり店(2019年1月24日リニューアル・宮城県)
世界各国のギャンブル依存症有病率がこちら 日本がぶっちぎりでワロタwwww
ベガスグループがパチンコ大将軍中田店をグループ化
パチンコ大手5社が依存症対策を表明。竜頭蛇尾の取り組みにならないためには? – ニフティニュース
【だが】新潟県遊協がギャンブル等依存症問題啓発週間は広告宣伝行為の全面自粛を発表!
賀詞交歓会に450名を超える業界関係者が参加
大阪IR推進局 久里浜医療センターから松下副院長招き、ギャンブル等依存症予防セミナー開催
ギャンブル依存症、長崎県が対策計画の素案公表 各精神医療圏に専門医療機関1カ所以上
稼働でわかる!注目エリアの現在(執筆/メディアシステム・玉田正明)